▼イルコモンズ監修「アトミックサイト」展

[日時] 2011年7月18日(月)-8月7日(日) 14:00-20:00
25(月)/26(火)/1(月)/2(火)は休館

会期延長
[日時]8月11日(水)~8月20日(土)14:00-20:00
15(月)/16(火)は休館

[場所] 東京・現代美術製作所 東京都墨田区墨田1-15-3 
TEL:03-5630-3216 WEB:http://www15.ocn.ne.jp/~g-caf/ 
※入場無料
※冷房設備なし

「夢の原子力エネルギーから、悪夢の原発事故までの半世紀」をサブカ
ルチャーの視点から回顧し、3.11以後のカウンターカルチャーを展望し
た「アトミックラウンジ」は予告篇にすぎませんでした。2011年5月、東
京神保町の「路地と人」で限定公開された「アトミックラウンジ」アー
カイヴ展が、「アトミック・シアター」「アトミック・リサーチラボ」
「アトミック・デモ・ギャラリー」とともに東京墨田区の「現代美術製
作所」に出現します。日本全国に点在する「原子力発電PR展示施設」
に対抗し、「ファンタジー」としての「原発安全神話」脱構築する反/脱
原子力PR施設、それが「アトミックサイト」です。「フクシマ以後、
安全を語ることは野蛮である」。「NO PLACE TO HIDE=もはやかくれる
場所はない」。幻想でも空想でもなく、いま・そこにリアルなものとし
てある、みえない・きこえない「フォールアウト」※を生きのびるため
の、知と実測と抵抗のシェルターへ、どうぞお越しください。
(※放射性物質の降下)

■特設サイトブログ
http://atomiksite.wordpress.com/

[主催] イルコモンズアカデミー
[参加] 石川雷太、伊東篤宏、Julia Leser & Clarissa Seidel、
中村友紀、山川冬樹、吉田アミ
[協力] 現代美術製作所、路地と人、IRA、いるといらとそのなかまたち、
素人の乱、MAPPIN PROTEST TOKYO、東京砂場プロジェクト、測定器47台プロ
ジェクト、市民放射能測定所、原田企画、藤原夏来
[PR]
# by caf-mukojima | 2011-08-17 15:21
【アトミックサイト 監修者よりおしらせ】
2011年8月7日、アトミックサイト本館において上演いたしました、原発グランギニョル劇「原發供養ノ夜」において発生した、展示品のいちじるしい破損と損壊、電気系統のトラブルと停電事故そのほかの「理解できない異常な事情」により、まことにもうしわけありませんが、アトミックサイトを一時休館いたします。必要な補修作業を行った後、8月11日(木)より、新たな展示品を加えて、リニューアル・オープンいたしますので、どうか、いましばらくお待ちください。なお、来る8月20日をもちまして、アトミックサイトは永久に閉館します。もう二度と開館いたしませんので、お早目のご来場をお待ちしております。以上、アトミックサイト監修者からのお知らせでした。
[PR]
# by caf-mukojima | 2011-08-08 12:10
b0165526_8434511.jpg


▼アトミックアンサンブル/ズ 「原發供養ノ夜」
[日時] 二〇一一年年八月七日(日) 夜八時ヨリ
[場所] 東京・墨田区墨田現代美術製作所アトミックサイト
[料金] 大人:千五百円 小人:無料
[出演] 吉田アミ+山川冬樹+伊東篤宏+石川雷太+イルコモンズ

「ア トミックサイト展」最期の夜、全員連座によるライヴパフォーマンスの儀を執り行います。山川冬樹の原子ギターとホーメイ、吉田アミのヴォイスとスク リーム、伊東篤宏のアトミックオプトロン、石川雷太の放射性廃棄物ドラム缶ドラム、イルコモンズの呪物と邪念、其の他もろもろどもによる集団即興演奏+放電+グランギニョル劇の奉納を通じ、テクノロジーの怪物と化した原発の荒らぶる魂を鎮め、子々孫々末期の代までの供養実験を試みます。あゝゆるすまじ原発を、原・発・退・ 散・不・謹・慎・解・放・原・始・力・招・来・対・抗・文・化・蘇・生・原・発・ダ・ダ。

※要予約・先着申し込み五十五名様まで・アトミックサイト展会場ならびに電子メール atomicsite@excite.co.jp にて当日午後三時まで受付)。

詳細はhttp://atomiksite.wordpress.com/event/
[PR]
# by caf-mukojima | 2011-08-03 00:59
b0165526_1245398.jpg


▼吉田アミ+イルコモンズ「アトミックラウンジ・アーカイヴ・ダイヴァー」
[日時] 2011年7月31日(日) 20:00-
[料金] おとな500円 こども無料
[場所] アトミックサイト内「アトミックラウンジ」にて

アトミックサイト展閉館後、夜のアーカイヴの内部に深く分け入り、
核兵器、原子力発電、放射能についてのサブカル的記憶/記録と、
過去の予見者/反抗者たちの声を現在によびもどします。

「亡霊たちがうろつかないアーカイヴに未来はない」(ジャック・デリダ)
[PR]
# by caf-mukojima | 2011-07-27 01:25
b0165526_204488.jpg

[PR]
# by caf-mukojima | 2011-07-20 18:23