人気ブログランキング |
吾妻橋のアサヒ・アートスクエアでは、アサヒ・アート・フェスティバル2009(AAF)の始まる直前、AAFに関連する様々な催しが日替わりで行なわれます。
6月15日には、コミュニティアート映像祭として、NPO法人コミュニティアートふなばしの下山さんの企画で、アサヒビールのある墨田区において制作された映像作品を上映。2007年に現代美術製作所のAAF参加プログラム「向島芸術計画」の一環で、品川亮監督の制作した「SECTION1-2-3」も上映いただきます。また、昨年やはりAAFのすみだ川アーツのれん会が水上アートバスでのパフォーマンスを検証するために制作したドキュメンタリーや、杉田このみ監督による、関東大震災で亡くなった地元の俳人を取り上げた短編「ふと木歩という名を思う」(AAF2008で松山のアートNPOカコア主催、現代美術製作所の協力で制作)などもご覧になれます。
15日の上映会の入場料は、ワンドリンクオーダーのみ。ビール片手に、気軽にお楽しみください。当日は、ぼくも会場でみなさんをお待ち致しております。
なお、詳しい情報はアサヒ・アートスクエアのHPでご確認ください。(曽我)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Asahi Art Square × Asahi Art Festival * SUPER JUNE *

アサヒ・アートスクエアがプロデュースするSUPPPER JUNE!!!
音楽、美術、身体、映像、美食、等々。五臓六腑にアートをドロップ11日間。
6月20日から全国各地で勃発するアートのお祭り‘アサヒ・アート・フェスティバル(AAF )’の最新情報も満載。
アサヒ・アートスクエアでスペシャルなイベントをお送りします。

【イベント期間】 2009年6月6日(土)〜6月19日(金)
          ※休業日:6月7日(日)、9日(火)、16日(火)

【a-cita cafe 営業時間】14:00-21:30
※AAFインフォメーションセンターはcafe の営業中常時公開
※イベント開始時間は日程によって異なります

【スケジュール】 ※a-cita cafe(AAFインフォメーションセンター)営業時間(14:00-21:30)

[ 月/日(曜日)「タイトル」/ジャンル/ゲスト/時間/料金]

6/6 (Sat)「tonton.vol.9」 /ライブ/トンチ、U-zhaan、大城真、ete(anna yamada )/18:30/2,000円(1drink付)
6/7 (Sun) CLOSED
6/8(Mon)「WAP プロポーザルナイト!2009」/トーク/Eily K Jammy、上地正彦 他(予定)/18:00/無料(1drinkオーダー制)
6/9 (Tue) CLOSED
6/10 (Wed)「風のうたが聴こえるかい?」/ライブ/あだち麗三郎、国府達矢/19:00/1500円(+1drink ) www.reisaburo.net
6/11(Thu)cafe 営業(イベント未定)
6/12(Fri)「すみだ川のおもしろい!」/トーク/松島茂(緑図書館すみだ資料担当)、EAT&ART TARO、三笑亭夢吉、wah(南川憲二+増井宏文)/19:00/無料(1drinkオーダー制)
6/13(Sat)「外山明トークとソロライブもちょろっと」/ライブ&トーク/外山明/17:00/1,000円
6/14(Sun)「醗酵トークとライブ」/ライブ&トーク/ごみちゃん、familyslow/14:30/無料(1drinkオーダー制)
6/15(Mon)「SECTION1-2-3」、検証ドキュメント・水上バス「ダンスパフォーマンス!」5年間の軌跡、「ふと木歩という名をおもう」、「RAVE@AKIHABARA」(ゲスト:杉田このみ(映像作家)、曽我高明(現代美術製作所)、山浦彬仁(コミュニティアート・ふなばし))/19:00/無料(1drinkオーダー制)
6/16 (Tue) CLOSED
6/17(Wed)cafe 営業(イベント未定)
6/18(Thu)「 ITSUBOナイト リゾレッタ in 吾妻橋」/フード&ライブ/井壷幸徳、ryufurusawa、庸蔵/18:30/2,000円(1drink&food付)※予約制(先着40名)※
6/19(Fri)「アシタライブ!」/kd69、大和川レコード/20:00/1000円(1drink付)

【問合】   アサヒ・アートスクエア事務局
       TEL/090-9118-5171(◆火曜日定休◆)
  E-mail/ aas@arts-npo.org

【URL】 http://arts-npo.org/aas/

【アクセス】 東京メトロ銀座線「浅草」駅(4番出口)より徒歩5分
       都営地下鉄「浅草」駅(A5番出口)より徒歩10分

【地図】   http://arts-npo.org/aas/map.htm

主 催   アサヒ・アートスクエア
協 賛   アサヒビール株式会社
助 成   財団法人アサヒビール芸術文化財団
協 力   アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会、NPO法人淡路島アートセンター、
       社団法人企業メセナ協議会、NPO法人クオリティ・アンド・コミュニケーション・オブ・アーツ(カコア)、
       現代美術製作所、五味醤油株式会社、NPO法人コミュニティアート・ふなばし、
      すみだ川アートプロジェクト実行委員会、芸術文化地域活動「楽の会」
       WATARASE Art Project実行委員会
# by caf-mukojima | 2009-05-27 13:15
連休が始まったばかりで、海外からの新型インフルエンザの情報が飛び込んできました。危険度が日増しに上がってゆくのが気になります。何とか無事に終息してくれれば良いのですが。
さて、向島百花園の所長・椎名さんの発案で「すみだ向島文学のまち散歩2009」という催しが進められています。秋まで文学講演会や、まちあるきのイベントなどが向島地域で開催されます。昨日の29日には墨田区役所のリバーサイドホールで、キックオフの文学講座とシンポジウムが開催され、300名近い来場者を集めました。前半では作家の近藤富枝さんが、今年没後50年を迎えた永井荷風について、若き日の歌舞伎役者・左団次との交流を軸にお話しされました。後半は、複数のパネラーを交えてのシンポジウム。地域資源としての文学資産をどのように観光まちづくりに活かすかというテーマで、様々な意見が交換されました。
ちなみに、現代美術製作所のある場所は、まさに永井荷風が「墨東綺譚」を描いた舞台のすぐ近くです。そんな縁もあって、ぼくもちょっとだけですが「文学のまち散歩」に実行委員として首をつっこませていただきました。秋に関連イベントのひとつとして、古書一路という古書店を開いている友人の堀江君と組んで、百花園前でささやかな古書マーケットを計画しています。ゆくゆくは、現代アートと文学を繋げたプロジェクトも試みてみたいと思いますが、そちらの方はまだ先の話になりそうですね。(曽我)

b0165526_1821351.jpg
b0165526_1822936.jpg

# by caf-mukojima | 2009-04-30 18:02
Bank ART1929から、「アートイニシアティブ/リレーする構造」というタイトルの報告書が出版されました。60年代から現代まで、主に国内における、既成の美術館や公共施設とは異なる諸々のアート活動を、オルタナティブスペース、集合アトリエ、歴史的建築の再活用、アーティスト・イン・レジデンス、大学とまちづくり、アート系まちづくりなどといった章分けのもと、それぞれの関係者の文章によって網羅的に紹介され、まとまった資料として高い価値があると思います。ちなみに最後の資料編の章には、2002年の秋にWEBプロジェクトのために執筆した、向島のまちづくりとアートに関する拙文も掲載されています。
有料頒布はしていないそうですが、BankART1929から無料で頒布(送料のみ自己負担)しているそうですので、ご希望の方はどうぞ直接先方にお問い合わせください。(曽我)


b0165526_14252688.jpg

# by caf-mukojima | 2009-04-28 14:25
5月16日、「北斎通りまちづくりの会」が主催する、下記のシンポジウムに参加することになりました。向島の地域アートプロジェクトについてお話しする予定です。お時間ありましたら、どうぞご来場ください。(曽我)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンポジウム「まちとアートがめぐりあう——墨田区亀沢のこれまでとこれから」

墨田区亀沢で活動する「北斎通りまちづくりの会」では今年、
アーティストユニットKOSUGE1-16が参加し、
イベント「まちこうBAR」やワークショップの実施を通じて、
アートを通じたまちづくりについて考えてきました。
その活動を振り返り、さらなる展開に向けてのシンポジウムを開催します。

新しく訪れる人たちを巻き込んだまちづくりをどのようにしていくのか、
それが継続していくためには、どんな仕組みが必要なのか。
他の地域での取り組みや、今年の活動の中で浮かびあがってきたキーワード
「防災」に対するアートからのアプローチについて学ぶチャンスです。
亀沢でのまちづくりのあり方を一緒に考えていきましょう。

●日時:2009年5月16日(土) 17:00〜19:00 (開場16:45)
●会場:すみだ家庭センター 5階ホール
(東京都墨田区亀沢3丁目24-2・JR総武線「両国」駅徒歩15分、都営地下鉄大江戸線「両国」駅徒歩9分)
●入場料無料、事前申し込み不要 ※定員150名
●スピーカー:
永田 宏和 (NPO法人プラス・アーツ 代表理事)
曽我 高明 (現代美術製作所 ディレクター)
小林 俊介 (北斎通りまちづくりの会 会長:(株)東あられ本舗)
飯沼 清 (北斎通りまちづくりの会 副会長:(株)飯沼技研)
●モデレーター:
熊倉 純子 (東京藝術大学准教授/文化政策・アートマネジメント)


※同時開催:レクチャー・ワークショップ「楽しく学ぶ防災 —神戸市の防災教育の事例から」
被災者167人の声から得られた教訓を伝えるために、アートの視点を導入して開発された
新しい形の防災訓練プログラム「イザ!カエルキャラバン」を全国各地やインドネシアなどで展開している、
NPO法人プラス・アーツ理事長によるレクチャー・ワークショップを開催します。
防災は地域住民主導で行うべきものですが、防災訓練にはなかなか地域の方々は参加してくれません。
地域住民がたくさん訪れ、楽しく防災を学べる方法を、クイズやゲームを交えて伝授します。
防災をもっと学び、地域で活動を盛り上げたいと考えておられる方は、ぜひ奮ってご参加ください。

●日時:2009年5月16日(土) 14:30〜16:30
●会場:すみだ家庭センター 5階ホール
●おもな対象:小学生(高学年)〜おとな。亀沢地区近辺に在住の方。
●参加費無料、事前申し込み不要

【主催】北斎通りまちづくりの会
【協力】KOSUGE1-16
【助成】AIGすみだコミュニティ・プログラム2008

お問い合わせ:小林(03-3624-3939)・飯沼(03-3625-2917)

■すみだコミュニティ・プログラム2009
http://www.njp.or.jp/community/
# by caf-mukojima | 2009-04-28 14:03
このブログでは、向島のアートやイベント情報も発信してゆこうと思います。
今日は、ぼくも理事をつとめているNPO法人・向島学会が運営するスペース、〈アートスポット鳩や〉からのお知らせです。〈鳩や〉は製作所から徒歩15分ほどの、向島・鳩の街通り商店街にある鈴木荘という店舗兼アパートの2階、202号室を使った6畳一間のスタジオです。今ここで、昨年から向島で行なって来た連続ワークショップ「カメラdeまちあるき」の報告展を開催中。最終日には、クロージングトーク「わたしの自慢カメラ」を開催します。
どなたでも歓迎ですので、どうぞふらりとお立ち寄りください。
終わった後は、天気が良ければ隅田川の夜桜見物でもしたいと思います。(曽我)


■連続ワークショップ「カメラdeまちあるき」 報告展

会場:〈アートスポット鳩や〉墨田区向島5-50-3鈴木荘 202
会期:3月20日〜4月5日(日)会期中の 金・土・日オープン
時間:13:00〜18:00
※4月3日(金)、4日(土)は、鳩の街通り商店街のベラボー市。
会場にいらした方にお茶のサービスがあります。

◎クロージングトーク 「わたしの自慢カメラ」

最新式のデジタルカメラから、ちょっとレトロなフィルムカメラ、
はたまた手作りのピンホールカメラまで、参加者が自慢の愛機を
持ち寄って、お茶を飲み飲み、カメラ談義に花を咲かせます。
もちろん、高価なカメラや珍しいカメラでなくても大丈夫。
お父さんが昔使っていたカメラ、初めてのお給料で買ったカメラ、
我が子の成長を記録して来たカメラ等々・・・
思い出のたくさん詰まったカメラこそが、本当の自慢カメラです。

ようするに、なんでもありのおしゃべり会?
どうぞお気軽にご参加ください。

日時:4月5日(日) 16:00〜18:00
参加費:無料(カメラ持参の方、大歓迎)

お問い合わせ:〈アートスポット鳩や〉運営委員・曽我
        070-5013-3820
takaaki-s(a)mwd.biglobe.ne.jp

〈鳩や〉ブログ
〈鳩や〉地図

b0165526_173503.jpg
# by caf-mukojima | 2009-03-30 17:37