<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

b0165526_21355382.jpg
                           (Tokyo landscape 2020)

 振り返れば自分もアーティストとしてデビューしてから18年。今までいろいろな作品を作って来ました。今回の展覧会で出展している最新作品の「Tokyo Landscape 2020」は自分の建築出身のルーツも見える作品になっていると思います。
 明治大学理工学部建築学科出身の自分は、1995年の卒業制作において、優勝にあたる堀口捨己賞最終候補の2人にまで残りましたが、最終的に堀口賞は取れませんでした。卒業制作のプロジェクトは、都内の一等地に存在する某有名小学校の敷地を都市公園につくり変えるプランで「Media-Dominated City」というタイトルでした。その公園の中には、都市に存在する様々な公害がインタラクティブに可視化されるインスタレーションがあちこちにちりばめられてありますが、公園に来る多くの人々は中央にそびえ立つ、巨大な液晶スクリーンのタワーで垂れ流され続ける広告等のたくさんの情報に気をとられるばかりで、目前で起こっている様々な公害等の問題は全く気にも止めることはないという、ある種の日本社会の縮図を、皮肉を利かせて提示しようと試みたプロジェクトでした。
 今回の「Tokyo Landscape 2020」は、現在の東京オリンピック開催前に、現在も進行中の福島の原発事故問題を見て見ぬふりする、日本社会の縮図を皮肉を込めてつくったという点で、上記のプロジェクトに通じるものがあるとともに、2011年の震災後、東京のギャラリーαMで、東京国立近代美術館の鈴木勝雄さんのキュレーションにより、巨大なベルファストの町のジオラマを用いて表現し好評を博した「The Heart Rocker」との共通点を見出してくれるお客さんも、結構いるのではないかと思います。

b0165526_21374472.jpg
                              (The Heart Rocker)

 現代美術製作所の曽我高明さんと僕は長い付き合いで、アーティストとしてデビュー直後の2002年と、2010年、東向島にあった頃の現代美術製作所でそれぞれ小規模の回顧展を開催させてもらいました。京都に移転してすぐの今回の個展「Tokyo Landscape 2020」は、今年2018年の開催になり、よく考えてみれば曽我さんのスペースで、オリンピックの周期の倍の8年周期で個展をやらせてもらっているんだなとしみじみ思いました。
 本展覧会で同時に見せている「Graffiti after March 11」は、震災後の2011年に東京にあったころの現代美術製作所から福島まで、放射線量を測りながら、途中あちこちで放射線量の数値をグラフィティとして残していくロードムービーです。この作品も日本では初発表ですが、京都に移転にした現代美術製作所で、既になくなってしまった東京の現代美術製作所が写っている映像を見せているのも、感慨深いものがあるなと思いました。
 今回の展覧会は来て頂いたほとんどの来場者がじっくり見て、考えてくれるような内容になっており、実際に会場では度々濃い会話が生まれています。京都の現代美術製作所での展示は今度の11月18日(日)までとなっておりますが、展覧会は11月23日(金)より12月2日(日)まで、東京のアート・センター・オンゴーイングにも巡回します。
是非多くの皆様に見て頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



増山士郎個展〈Tokyo Landscape 2020

開催概要


京都展

日時:2018112日(金)〜18日(日)/ 12:0019:00(月・火はお休み)

会場:ANEWAL Gallery 現代美術製作所 (602-0065 京都市上京区挽木町518 )

   入場無料 

   *112日は17:00より開場します。


東京展

日時:20181123日(祝)〜122日(日)/12:0021:00月・火はお休み)

会場:Art Center Ongoing(〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-8-7

   http://www.ongoing.jp/ja/

   入場料:¥400(セレクト・ティー付き)


主催:Art Center Ongoing / 現代美術製作所

助成:Arts Council of Northern Ireland

特殊照明・特殊装置制作協力:市川平

協力:NPO ANEWAL Gallery


*お問い合わせ先、京都展会場マップなどは、このページの末尾に掲載しています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



Shiro MASUYAMATokyo Landscape 2020


【The exhibition in Kyoto 】

Date: 2nd-18th Nov. 2018 / 12:00-19:00 (Closed on Monday, Tuesday)

Venue : ANEWAL Gallery Contemporary Art Factory

(518 Hikigi-Cho, Kamigyo-ku, Kyoto-city, Kyoto, 602-0065)

Admission : Free

Opening Party : 2nd (Friday) Nov. 17:00-

(The gallery will open at 17:00 on 2nd Nov.)


【The exhibition in Tokyo】

Date: 23rd Nov.-2nd Dec. 2018 / 12:00-21:00 (Closed on Monday, Tuesday)

Venue : Art Center Ongoing

(1-8-7 Higashi-cho, Kichojoij, Musashino-shi, Tokyo, 180-0002)

http://www.ongoing.jp/

Admission : ¥400(with tea)

Opening Party : 23rd (Friday) Nov.19:00- / admission:¥1000(with food and one drink)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



【京都・現代美術製作所での会期中イベント】


1117()

14:00〜「アーティストのサバイバル術!レジデンスや助成金をきっかけに海外脱出!」

     出演:増山士郎

     参加費:¥1000 (お茶付き)



**********



【東京・Art Center Ongoingでの会期中イベント】


1123()

19:00~ オープニングパーティ

     参加費:¥1000(軽食+1drink+入場料)


1124()

19:00〜「映画好きのアーティスト二人がうんちくを語り合う夕べ」

     出演:市川平、増山士郎

     参加費:¥10001drink+入場料)


121()

19:00〜 Pre Ongoing School

     作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャー。

     お好きなケーキとお飲物がついてきます。

     料金:1500(ケーキとドリンク付き、先着30名様)


122()

19:00〜「アーティストのサバイバル術!レジデンスや助成金をきっかけに海外脱出!」

     出演:増山士郎

     参加費:¥10001drink+入場料)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



〈Tokyo Landscape 2020〉に関するお問い合わせ先

現代美術製作所(曽我)
メール:caf@anewal.net
電話:070-5013-3820
現代美術製作所のブログ:https://seisakusyo.exblog.jp
フェイスブックでも情報を発信しています。



b0165526_22224789.jpg
                  ANEWAL Gallery 現代美術製作所
                 地下鉄烏丸線・今出川駅から徒歩約10分



[PR]
by caf-mukojima | 2018-11-14 22:23