人気ブログランキング |

謹賀新年。

b0165526_01420759.jpg

新年、あけましておめでとうございます。京都に拠点を移してから2度目のお正月となりました。

昨年は、4月に東京から佐藤いちろうさんを迎え、「シュー・ピクニック」プロジェクトの一環で、ガムテープで靴を作るワークショップを、今出川駅近くのバザールカフェにおいて開催させていただきました。
その後は5月、NPO ANEWAL Galleryが関わる「マルチレイヤード・アイデンティティー」展の一環で、ウィーン在住の作家・東野雄樹さんの展覧会を開催。ANEWAL Gallery 現代美術製作所を本格的に使った、最初の展示となりました。
7月には東京から自分の蔵書を移動して、製作所の本棚がようやく一杯に。さしあたり、これで何をするという宛てもないのですが、東京で2016年に実施していた読書会も、今後再開できたらと考えています。
10月からは重本晋平さんのドローイングによる「まち植え展」、そして11月には北アイルランドを拠点に活躍する増山士郎さんの個展「TOKYO Landscape 2020」と、現代美術製作所主催・企画の展覧会が続きました。
その他に、11月には「上京OPEN WEEK」に参加したり、「昭和」なスナックのスタイルでアーティストのトークを楽しむ「スナック現美」も、ANEWALのメンバーとともに随時開催しています。
他にも様々ありましたが、展覧会やイベントを通じ、数多くの方と出会い交流を広げるきっかけが生まれ、それがまた、ゆっくりと新たな活動へと繋がりつつあります。

製作所は長屋の一角にある小さな会場です。アートの展示に特化した施設でもありません。できることも限られていますが、その中で、今必要だと感じることをひとつづつ行いながら、新たな年もマイペースで歩んでいきたいと思います。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年は、18日から〈富士山展2.0〉でスタートします。当日夜は19:00より「スナック現美」で、ブロックチェーンとアートに関するトークイベントも行います。「なんちゃって」スナックですし、ソフトドリンクもありますので、お酒の苦手な方もお気軽にご来場ください。

by caf-mukojima | 2019-01-01 01:42