富士山展2.0に参加します。

b0165526_22523043.jpeg


【現代美術製作所・新春グループショー@富士山展2.0 開催概要】


来春1月、現代美術製作所は富士山展2.0に参加します。株式会社スタートバーンによる、ブロックチェーンの仕組みを使って、アートの販売を行うという意欲的な試みです。ですが、製作所はいまだにブロックチェーンの仕組みがわかってないので、やや冷や汗をかいてます。とはいえ、年末年始のあわただしい中にもかかわらず、快く出品をご了解いただいたアーティストの皆さんのおかげで、それぞれ個性的かつバラエティに富んだ素敵な作品が集まりました。
新年らしく、富士山をテーマにしたグループショーですから、あまり難しい(?)ことを考えず、ぜひお気軽にご覧いただければと思います。


■会期:2019年1月18日(金)、19日(土)、20日(日)、25日(金)、26日(土)、27日(日)

■開場時間:12:00-19:00

■会場:ANEWAL Gallery 現代美術製作所(〒602-0065京都市上京区挽木町518路地内)

■お問い合わせ:caf(a)anewal.net  (*(a)を@に変えてメールしてください。)
■出品アーティスト:市川平、笠原出、北川貴好、靴郎堂本店、増山士郎、三田村光土里、Roland Wirtz (ローランド・ヴィルツ)

■トークイベント:1月18日(金)19:00-21:00

富士山展2.0と、ブロックチェーンとアートについて、研究者の伊東謙介さん、スタートバーン代表の施井泰平さん、表象文化論・メディア論の門林岳史さんに話を伺います。イベントは、毎回様々なホストが、アートとお酒を介してお客様と交流する、おなじみの「スナック現美」として開催します。皆様のご来店、お待ちいたしております。

(富士山展2.0は、スタートバーン株式会社が企画している、ブロックチェーンをアートの販売に活用する展覧会です。展覧会の仕組みについては、富士山展2.0のサイトでご確認ください。参加アーティストのプロフィールや現代美術製作所でのトークイベントも掲載されています。)




会場までの案内図(地下鉄烏丸線・今出川駅から徒歩約10分)

b0165526_22535560.jpg



by caf-mukojima | 2018-12-22 22:52