靴郎堂本店・春のワークショップatバザールカフェ&鴨川シューピクニック

2017年秋、《上京オープンウィーク》の公式プログラムとして、墨田区の向島からドンツキ協会が招待され、町歩きを行いました。その際に、「ANEWAL Gallery 現代美術製作所」のお披露目を兼ね、ドンツキ協会のプレゼンテーションと、参加者を交えたドンツキ会議を開催したのが、上京と向島の交流イベントの第1弾だったと言えるかもしれません。
さて引き続く第2弾は、現代美術製作所の自主企画として、2018年4月14日と15日、靴郎堂本店の佐藤いちろうさんと、Bughaus棟梁・北條元康さんを招き、「ガムテープで靴を作るワークショップ」と、「シュー・ピクニック」の二つのイベントを開催しました。ちなみに、「シュー・ピクニック」は、今年3月に現代美術製作所の企画で、《39アートin向島2018》の参加プログラムとして、地蔵坂通りのてらじま広場と隅田川河畔で開催しました。今回は、鴨川での開催を予定していましたが、天候不順のためインドアでの開催に切り替えました。
開催当日の様子については、以下のフェイスブックのページをご覧いただければ幸いです。


もう一つ、3月に東京・墨田区で開催した「シューピクニック」にもリンクを貼っておきます。




[PR]
by caf-mukojima | 2018-04-16 12:20