シンポジウム「まちとアートがめぐりあう」に参加します。

5月16日、「北斎通りまちづくりの会」が主催する、下記のシンポジウムに参加することになりました。向島の地域アートプロジェクトについてお話しする予定です。お時間ありましたら、どうぞご来場ください。(曽我)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンポジウム「まちとアートがめぐりあう——墨田区亀沢のこれまでとこれから」

墨田区亀沢で活動する「北斎通りまちづくりの会」では今年、
アーティストユニットKOSUGE1-16が参加し、
イベント「まちこうBAR」やワークショップの実施を通じて、
アートを通じたまちづくりについて考えてきました。
その活動を振り返り、さらなる展開に向けてのシンポジウムを開催します。

新しく訪れる人たちを巻き込んだまちづくりをどのようにしていくのか、
それが継続していくためには、どんな仕組みが必要なのか。
他の地域での取り組みや、今年の活動の中で浮かびあがってきたキーワード
「防災」に対するアートからのアプローチについて学ぶチャンスです。
亀沢でのまちづくりのあり方を一緒に考えていきましょう。

●日時:2009年5月16日(土) 17:00〜19:00 (開場16:45)
●会場:すみだ家庭センター 5階ホール
(東京都墨田区亀沢3丁目24-2・JR総武線「両国」駅徒歩15分、都営地下鉄大江戸線「両国」駅徒歩9分)
●入場料無料、事前申し込み不要 ※定員150名
●スピーカー:
永田 宏和 (NPO法人プラス・アーツ 代表理事)
曽我 高明 (現代美術製作所 ディレクター)
小林 俊介 (北斎通りまちづくりの会 会長:(株)東あられ本舗)
飯沼 清 (北斎通りまちづくりの会 副会長:(株)飯沼技研)
●モデレーター:
熊倉 純子 (東京藝術大学准教授/文化政策・アートマネジメント)


※同時開催:レクチャー・ワークショップ「楽しく学ぶ防災 —神戸市の防災教育の事例から」
被災者167人の声から得られた教訓を伝えるために、アートの視点を導入して開発された
新しい形の防災訓練プログラム「イザ!カエルキャラバン」を全国各地やインドネシアなどで展開している、
NPO法人プラス・アーツ理事長によるレクチャー・ワークショップを開催します。
防災は地域住民主導で行うべきものですが、防災訓練にはなかなか地域の方々は参加してくれません。
地域住民がたくさん訪れ、楽しく防災を学べる方法を、クイズやゲームを交えて伝授します。
防災をもっと学び、地域で活動を盛り上げたいと考えておられる方は、ぜひ奮ってご参加ください。

●日時:2009年5月16日(土) 14:30〜16:30
●会場:すみだ家庭センター 5階ホール
●おもな対象:小学生(高学年)〜おとな。亀沢地区近辺に在住の方。
●参加費無料、事前申し込み不要

【主催】北斎通りまちづくりの会
【協力】KOSUGE1-16
【助成】AIGすみだコミュニティ・プログラム2008

お問い合わせ:小林(03-3624-3939)・飯沼(03-3625-2917)

■すみだコミュニティ・プログラム2009
http://www.njp.or.jp/community/
[PR]
by caf-mukojima | 2009-04-28 14:03