<   2015年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2月11日(水・祝)、NPO法人向島学会の主催で、下記の催しを開催することになりました。ご存知の通り向島学会は、ぼく自身も副理事長として参加している、向島地域のまちづくりに関わるNPOです。2009年から2013年にかけて、「墨東まち見世」や「墨東まち見世アートプラットフォーム」という地域プロジェクトを、東京都や東京都文化発信プロジェクト室などと共催で実施しています。
さて、近年向島地域に、クリエーターも含めた若者や新住民が増えています。そのバックボーンにはいろいろなケースがあると思いますが、知り合いが先に住んでいたから、あるいはこの地域で面白そうな活動をしている人がいるから、といった理由も多いようです。当日の「交流サロン」では、そうした人の流れや新たなネットワークをつくっているキーパーソンのお二人、京島でBUNKANという空き店舗を改装したカフェを運営する後藤大輝さん、曳舟駅前や両国で産直野菜のマーケットを定期的に開くすみだ青空市ヤッチャバ代表の松浦伸也さんをお招きしてお話を伺います。若者だけでなく、誰もが生きやすいまちをつくるために、かけがえのないヒントが、お二人の活動の中にあると思います。
また同日には、アーティストの村山修二郎さんの路地園芸さんぽも開催されます。こちらは京島路地園芸術祭実行委員会の主催となります。情報は末尾に添付しました。

みなさま、どうぞ奮ってご参加ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

NPO法人向島学会
向島スタディーズ・学生論文発表会 2015 + 交流サロン

開催のお知らせ

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

みなさま、いつもお世話になっております。NPO法人向島学会からのお知らせです。
このたび向島学会では、2月11日(水・祝)に「向島スタディーズ2015・学生論文発表会+交流のサロン」
を開催することになりました。
「向島スタディーズ」は2010年から毎年恒例で行っている、学生による研究論文の発表会です。今回は2名の方に発表を行なっていただきます。
「交流サロン」では毎回、まちづくりやアートをテーマに、地域内外の方との情報交換を通して交流を図っ
ています。今回は向島を拠点に活躍する二人のキーマン、京島でカフェBUNKANを運営する後藤大輝さん、すみだ青空市ヤッチャバの代表・松浦伸也さんをお招きして、それぞれのご活動について伺った後、ネットワークづくり、リフォーム、シェアハウスなど、参加者も交えホットな話題で意見交換を行います。
また当日は、冒頭でアーティストの村山修二郎さんに、長年向島で取り組んできた「路地園芸術祭」に関する振り返りの報告を行っていただきます。
久しぶりの向島学会の催しは、盛りだくさんの内容になりました。
みなさまのご来場を、心よりお待ち申し上げます。

____________________________________________________________________


日時:2015年2月311日(水・祝) 14:00-17:30
場所:一寺言問集会所 (墨田区東向島一丁目20番6号)
参加費:一般500円、学生300円(資料代含む)
主催:NPO法人向島学会
お問い合わせ:m.fujiga@gmail.com (向島学会理事 藤賀雅人)
向島学会HP:http://www.mukojima.org

_____________________________________________________________________
プログラム 
※都合により時間や内容に変更が生ずる場合もあります。ご了承ください。

14:00- ごあいさつ 向島学会理事長 佐原滋元

14:10- 路地園芸術祭活動報告 村山修二郎 

15:00- 「向島スタディーズ2015 学生論文発表会」 
竹淵翔太(筑波大学人間総合科学研究科・博士前期課程 芸術専攻・環境デザイン領域)
「主体の比較からみたまちなみ園芸の意義-地域社会への影響に注目して-」
介川亜紀
(明治大学大学院新領域創造専攻)
「遊休不動産の転貸とリノベーションを核にしたまちづくり事業の可能性に関する研究〜松戸の
(株)まちづクリエイティブと谷中の(特)たいとう歴史都市研究会の事例を通して」(仮)

講評:土屋辰之助(明治大学兼任講師/向島学会)

16:00- 向島学会活動報告

16:20- 休憩

16:30- 交流のサロン「向島を楽しむ!?」
後藤大輝(京島分館)
松浦伸也(すみだ青空市ヤッチャバ)
聞き手:藤賀雅人(目白大学社会学部専任講師/向島学会事務局長)

17:30- 総評と閉会のごあいさつ
_____________________________________________________________________

交流サロン・ゲストのプロフィール

b0165526_3585990.jpg


後藤大輝(ごとう だいき)
映像催事製作者 / BUNKANグループ番頭さん役

ふるさとは墨田区京島
生まれ育ちは愛知県名古屋市
田舎は岐阜県お茶の村
現在、墨田区八広にて「お化け屋敷で毒まんじゅう」を開発中

b0165526_3593828.jpg


松浦伸也(まつうら しんや)
すみだ青空市ヤッチャバ事務局代表 / 株式会社ぼんぷ代表取締役

埼玉県出身。東京農業大学を卒業後、墨田区に移住。学生時代からおこなうすみだ青空市ヤッチャバ
事務局の代表。青空市やシェアハウスの運営や、シゴトを作るシゴトを通じて、たのしく暮らせる仕組み
を作る実践をしています。現在体重は140kg

b0165526_40565.jpg


村山 修二郎(むらやま しゅうじろう)
アーティスト
1969年 東京都生まれ
1994年 東京芸術大学絵画科油画卒業
2011年 東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻壁画修士課程修了
植物研究や地域の植生のリサーチなどに基づき、植物に内在する、初源的な力を抽出した作品を制作。
近年は、植物(花・葉・実)を手で直接紙や壁に擦り付けて描く「緑画(りょくが/村山が考えた造語)」
手法を考案し、唯一無二の絵画で表現している。その他、植物を介した社会地域活動を主催しワーク
ショップなども様々な地域で展開中。2009年から毎年、京島を中心に路地園芸に着目したアートプロ
ジェクト「路地園芸術祭」を実施、「墨東まち見世」においてその成果を発表している。

______________________________________________

同日開催

《路地園芸さんぽ》

■概要:墨田区の向島・京島界隈の特質する路地園芸を美術家の村山修二郎が紹介ご案内いたします
■日時:2015年2月11日(水・祝日)10時30分から13時位まで
■集合場所:東武曳舟駅改札出たところに10時20分にはお越しください
■持ち物:カメラ、雨具など。歩きやすい靴でお越しください
■参加費:無料
■主催:京島路地園芸術祭実行委員会
■お昼位にカフェで軽食やお茶でも飲みながら、見て来た路地園芸について意見交換をしたいと思います。

※ ご参加予約ご希望の方は、はやめに下記のFAXかメールアドレスまで連絡願います。
FAX044-767-0112 メールplant_project07@yahoo.co.jp 題名に、路地園芸さんぽ参加希望とし、
お名前と電話番号をお書きいただき、送ってください。
______________________________________________
[PR]
by caf-mukojima | 2015-02-02 04:00