<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

連休が始まったばかりで、海外からの新型インフルエンザの情報が飛び込んできました。危険度が日増しに上がってゆくのが気になります。何とか無事に終息してくれれば良いのですが。
さて、向島百花園の所長・椎名さんの発案で「すみだ向島文学のまち散歩2009」という催しが進められています。秋まで文学講演会や、まちあるきのイベントなどが向島地域で開催されます。昨日の29日には墨田区役所のリバーサイドホールで、キックオフの文学講座とシンポジウムが開催され、300名近い来場者を集めました。前半では作家の近藤富枝さんが、今年没後50年を迎えた永井荷風について、若き日の歌舞伎役者・左団次との交流を軸にお話しされました。後半は、複数のパネラーを交えてのシンポジウム。地域資源としての文学資産をどのように観光まちづくりに活かすかというテーマで、様々な意見が交換されました。
ちなみに、現代美術製作所のある場所は、まさに永井荷風が「墨東綺譚」を描いた舞台のすぐ近くです。そんな縁もあって、ぼくもちょっとだけですが「文学のまち散歩」に実行委員として首をつっこませていただきました。秋に関連イベントのひとつとして、古書一路という古書店を開いている友人の堀江君と組んで、百花園前でささやかな古書マーケットを計画しています。ゆくゆくは、現代アートと文学を繋げたプロジェクトも試みてみたいと思いますが、そちらの方はまだ先の話になりそうですね。(曽我)

b0165526_1821351.jpg
b0165526_1822936.jpg

[PR]
by caf-mukojima | 2009-04-30 18:02
Bank ART1929から、「アートイニシアティブ/リレーする構造」というタイトルの報告書が出版されました。60年代から現代まで、主に国内における、既成の美術館や公共施設とは異なる諸々のアート活動を、オルタナティブスペース、集合アトリエ、歴史的建築の再活用、アーティスト・イン・レジデンス、大学とまちづくり、アート系まちづくりなどといった章分けのもと、それぞれの関係者の文章によって網羅的に紹介され、まとまった資料として高い価値があると思います。ちなみに最後の資料編の章には、2002年の秋にWEBプロジェクトのために執筆した、向島のまちづくりとアートに関する拙文も掲載されています。
有料頒布はしていないそうですが、BankART1929から無料で頒布(送料のみ自己負担)しているそうですので、ご希望の方はどうぞ直接先方にお問い合わせください。(曽我)


b0165526_14252688.jpg

[PR]
by caf-mukojima | 2009-04-28 14:25
5月16日、「北斎通りまちづくりの会」が主催する、下記のシンポジウムに参加することになりました。向島の地域アートプロジェクトについてお話しする予定です。お時間ありましたら、どうぞご来場ください。(曽我)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンポジウム「まちとアートがめぐりあう——墨田区亀沢のこれまでとこれから」

墨田区亀沢で活動する「北斎通りまちづくりの会」では今年、
アーティストユニットKOSUGE1-16が参加し、
イベント「まちこうBAR」やワークショップの実施を通じて、
アートを通じたまちづくりについて考えてきました。
その活動を振り返り、さらなる展開に向けてのシンポジウムを開催します。

新しく訪れる人たちを巻き込んだまちづくりをどのようにしていくのか、
それが継続していくためには、どんな仕組みが必要なのか。
他の地域での取り組みや、今年の活動の中で浮かびあがってきたキーワード
「防災」に対するアートからのアプローチについて学ぶチャンスです。
亀沢でのまちづくりのあり方を一緒に考えていきましょう。

●日時:2009年5月16日(土) 17:00〜19:00 (開場16:45)
●会場:すみだ家庭センター 5階ホール
(東京都墨田区亀沢3丁目24-2・JR総武線「両国」駅徒歩15分、都営地下鉄大江戸線「両国」駅徒歩9分)
●入場料無料、事前申し込み不要 ※定員150名
●スピーカー:
永田 宏和 (NPO法人プラス・アーツ 代表理事)
曽我 高明 (現代美術製作所 ディレクター)
小林 俊介 (北斎通りまちづくりの会 会長:(株)東あられ本舗)
飯沼 清 (北斎通りまちづくりの会 副会長:(株)飯沼技研)
●モデレーター:
熊倉 純子 (東京藝術大学准教授/文化政策・アートマネジメント)


※同時開催:レクチャー・ワークショップ「楽しく学ぶ防災 —神戸市の防災教育の事例から」
被災者167人の声から得られた教訓を伝えるために、アートの視点を導入して開発された
新しい形の防災訓練プログラム「イザ!カエルキャラバン」を全国各地やインドネシアなどで展開している、
NPO法人プラス・アーツ理事長によるレクチャー・ワークショップを開催します。
防災は地域住民主導で行うべきものですが、防災訓練にはなかなか地域の方々は参加してくれません。
地域住民がたくさん訪れ、楽しく防災を学べる方法を、クイズやゲームを交えて伝授します。
防災をもっと学び、地域で活動を盛り上げたいと考えておられる方は、ぜひ奮ってご参加ください。

●日時:2009年5月16日(土) 14:30〜16:30
●会場:すみだ家庭センター 5階ホール
●おもな対象:小学生(高学年)〜おとな。亀沢地区近辺に在住の方。
●参加費無料、事前申し込み不要

【主催】北斎通りまちづくりの会
【協力】KOSUGE1-16
【助成】AIGすみだコミュニティ・プログラム2008

お問い合わせ:小林(03-3624-3939)・飯沼(03-3625-2917)

■すみだコミュニティ・プログラム2009
http://www.njp.or.jp/community/
[PR]
by caf-mukojima | 2009-04-28 14:03